株を購入するのに必ず必要な証券会社って何?賢い選び方はある?

株を購入するのに必ず必要な証券会社って何?賢い選び方はある?

株を購入するのに必ず必要な証券会社って何?賢い選び方はある?

 

株を購入する際は、証券会社を通して取引所と取り次いでもらう必要があります。しかし、自分で直に取引が出来れば良いものを、なぜ証券会社を挟む必要があるのでしょうか。この記事では、証券会社の持つ役目と、賢い選び方についてお話しします。

 

 

証券会社の役目には、大別して2つあります。最も一般的なものは「ブローカー業務」と言い、株を売りたい、買いたいという人たちの注文を広く受け付け、一括で管理し、証券取引所に取り次ぐ仕事です。

 

 

全国に散らばる多数の投資家がバラバラに取引所に注文を出してしまえば、膨大な注文の数に取引所はパンクしてしまいます。

 

 

一度証券会社を挟むことでスムーズに取引を行うことが出来るというわけです。こうしたブローカー業務は、証券会社の本業と言えるでしょう。

 

 

証券会社は投資家個人に向けたサービスだけではなく、株式会社に対しても業務を請け負っています。株とはそもそも「株式会社が資金を調達するための道具」であり、証券会社はそれを手助けする役目も担っています。

 

 

株を発行した会社が自身で株主を探すのは手間と時間がかかり、効率がよくありません。そこで企業は、株を専門に取り扱う証券会社に株を買ってくれる人を探してくれるよう委託します。

 

 

株を発行した企業から株を買い取り、取引所を通してそれを広く売る仕事を「アンダーライティング業務」と言います。

 

株を購入するのに必ず必要な証券会社って何?賢い選び方はある?

 

証券会社の持つ役目については、上記の通りです。次は証券会社の賢い選び方についてご説明します。証券会社を選ぶ際に気を付けたいポイントは2つあり、1つ目は売買手数料です。

 

 

通常、株を売買する際には必ず手数料がかかりますが、その金額は証券会社によってバラバラです。とすれば、極力手数料の安い証券会社を選ぶのが良いでしょう。近年人気の「ネット証券」は手数料が非常に安いため、特に初心者にはおすすめできます。

 

 

2つ目のポイントは「安全性、サービス性」です。オンライン上で株取引を行うのであれば、ハッキングやシステムの不具合の心配が無いところで安心して取引を行いたいものです。

 

 

名前の通った大手証券会社であれば、そうした心配は極力抑えられます。また、大手は顧客をたくさん抱えていますから、提供するサービスの質も比較的高くなります。初心者のうちは、ある程度大手の証券会社を選ぶのがベストと言えるでしょう。

 

 

株取引を始める上で、証券会社選びは重要です。選ぶ際は、ただ手数料が安いから、便利だからという理由だけで選ぶのは危険です。分からないうちは、多少なりとも手数料が高くても、手厚いサービスを受けられる証券会社を選ぶのが良いでしょう。