FXで失敗しがちなリスクと初心者が大損しないための防止策とは

FXで失敗しがちなリスクと初心者が大損しないための防止策とは

FXで失敗しがちなリスクと初心者が大損しないための防止策とは

 

通貨が安いときに買い、高いときに売るのがFXの基本ですが、毎回上手くいくわけではありません。FXでのよくある失敗と、大損失を避けるための防止策についてお話ししましょう。

 

 

最も典型的な失敗パターンは、「オーバートレード」と呼ばれるハイリスクの取引です。国内のFX会社では、レバレッジの上限を25倍としていますが、オーバートレードは常に25倍のレバレッジで取引を行うことを意味しています。

 

 

自分の資金力や取引能力の限界を超えた取引は、投資というよりもどちらかといえばギャンブルの側面が強くなってしまいます。確かに高倍率のレバレッジであれば莫大な利益を生み出すことも可能ですが、万が一失敗した際のリスクが大きすぎます。

 

 

初心者の中には、一攫千金を夢見て無茶な取引をする人も多く存在しますが、多くの場合遠くないうちにロスカットが失効され莫大な損失を抱えたまま市場を去るのが一般的な流れです。

 

 

資金、精神、時間の3つに余裕を持った取引を心がけましょう。次いで多い失敗パターンは、直感や気分など根拠のない取引による損失です。「相場の動きなど分かるはずがない」と決めつけ、なんとなくで取引を行うのは非常に危険です。

 

 

たとえ間違っていたとしても自分自身のルールを決めるのは大切で、失敗しても何がいけなかったのか常に反省することができます。最後に多い失敗パターンは、損失を認めようとせずにプラスになるまで放置する取引です。

 

FXで失敗しがちなリスクと初心者が大損しないための防止策とは

 

通常、損失が確定したら被害を防ぐためにある程度のところで損切りを行うものですが、FXを初めて日の浅い初心者は損失を嫌うあまり損切りが出来ず、結果的にロスカットとなり損失を被ってしまいます。

 

 

これらのよくある失敗例をうけて、大損しないための防止策を考えてみましょう。相場の動きは自分自身ではどうすることもできませんから、防止策を練るとすれば実際の取引における自分の投資スタイルに対してです。

 

 

「大損をする」ということは、取引を行う前の前提条件がおかしいことが多く、まずはそこを見直すのが第一歩となります。すなわち、自分の用意した資金以上の取引はせず、しっかりとした情報を収集したうえで、合理的な判断によって取引を行うことが重要です。

 

 

FXは一攫千金といったイメージもあり、中には消費者金融からお金を借りてまで取引を行う人も居ますが、これは決してやってはいけません。

 

 

慣れてくれば短期間で大きな利益を生み出すことも可能ですが、慣れないうちはコツコツと利益を積み上げる方が無難と言えるでしょう。