超短期から長期までの4つのトレード手法の仕組みとスタイルの決め方

超短期から長期までの4つのトレード手法の仕組みとスタイルの決め方

超短期から長期までの4つのトレード手法の仕組みとスタイルの決め方

 

投資によって利益を産み出す方法は限られますが、どのようなスタイルで投資を行うのかは個人で自由に決めることができます。超短期から長期まで、4つのトレード手法とその仕組みを探り、どのようにして投資スタイルを決定していくのか検証していきましょう。

 

 

まずはスキャルピングと呼ばれる超短期売買のトレード手法をご紹介します。スキャルピングは、後述するデイトレードよりもさらに短いスパンでスピード取引を繰り返すことで利益を産み出します。

 

 

具体的には、数時間から数分、場合によっては数秒で決算を行います。細かく取引を行うことで、一度の取引により得られる利益はわずかでも、積み重ねることでコツコツと差益を稼ぐことができるのが特徴です。

 

 

 

デイトレードは読んで字の如く、一日の中で売買を完結させてしまうトレード手法です。その日に買った通貨は翌日に持ち越さず、日が変わってしまう前に決算を行います。得られる利益と負うリスクのバランスがとれており、トレーダーに最も人気の投資スタイルです。

 

 

次からは中期から長期にかけてのトレード手法をご紹介します。デイトレードよりも長い期間、目安としては数日から数週間にかけて取引を行うトレード手法です。取引期間が多少長くなったことにより、トレンドの相場に乗ることが重要になります。

 

超短期から長期までの4つのトレード手法の仕組みとスタイルの決め方

 

スキャルピングやデイトレードのように、一日のほとんどを投資に使うほど時間に余裕が無いという人にはおすすめの投資スタイルです。最後にご紹介するポジショントレードは、数週間から月単位、さらには年単位で通貨を保有し取引を行います。

 

 

長い期間にわたって通貨を保有することで、為替差益のほかにスワップポイントと呼ばれる金利による利益も見込めます。ただし、取引回数はおのずと少なくなるため、大きな利益を得るには向きません。

 

 

それぞれの特徴をリスクに着目してまとめると、短期取引ではハイリスクハイリターンであるのに対し、長期投資ではローリスクローリターンであることが分かります。

 

 

差益のみを目標とし、少ない資金で大きく稼ぎたいなら短期取引、差益以外の金利等も視野に入れながら、極力リスクを減らして稼ぎたいのであれば長期投資を選ぶのが良いでしょう。

 

 

投資スタイルに正解はありません。もちろん、1つの投資スタイルに絞ることなく、すべてを臨機応変に使い分けるといった投資も可能です。自分の求める利益のありかた、生活スタイルに合わせて選ぶのが良いと言えるでしょう。