気軽に株式投資が行える株の買い方や基本のやり方をまとめました

気軽に株式投資が行える株の買い方や基本のやり方をまとめました

気軽に株式投資が行える株の買い方や基本のやり方をまとめました

 

実際に株を買って投資家デビューをしてみたいけど、いきなり多額の資金を投入するのは怖い、と考えている人も多いのではないでしょうか。

 

 

この記事では、初心者の方でも気軽に株式投資が行える買い方と、基本的な株の買い方についてご説明します。

 

 

まずは、株の基本的な買い方をみていきましょう。いくつかステップを踏まなければならないので、1つ1つ詳しくご説明します。株を買うためには、証券会社に「証券口座」を開設する必要があります。この証券口座が無ければ株の取引を行うことはできません。

 

 

基本的に口座の開設は無料で、わざわざ窓口へ出向かなくてもインターネット上から開設することが出来ます。最近ではこの「ネット証券」が主流になりつつあるため、これから株を始めようと思っている方にとっては朗報ですね。

 

松井証券

 

口座の開設が済んだら、実際にお金を振り込みます。証券口座への振り込みは、銀行口座同様銀行や郵便局から行うことができます。これで株を買うための準備は完了です。

 

 

次に、実際にどの銘柄を何株買うのかを決め、注文を出します。取引が成立した場合、約定とされ株式がその人の物になる流れです。ネット証券での取引の場合は株券は発行されませんが、オンライン上でいつでも確認することが出来ます。

 

気軽に株式投資が行える株の買い方や基本のやり方をまとめました

 

以上が、株の基本的な買い方です。次は、初心者が気軽に行う事のできる株の売買方法についてお話します。基本的に、株は企業によって買う事のできる最低の単位が決められています。

 

 

たとえば1株5,000円の株であっても、企業が100株や1000株単位でしか受付けていなければ最低でも50万円は資金が必要になるということです。株を始めてみたいと言っても、なかなか数十万円をすぐに用意できる人は少ないのではないでしょうか。

 

 

そこで、企業が提示する単元株数以下の単位で取引を行うことが出来る「ミニ株」と呼ばれるサービスがおすすめです。ミニ株は単元株数の10分の1単位から株を購入することが出来るため、5万円や5,000円といった少額での取引も可能になります。

 

 

ただし、このミニ株は取引できる証券会社が限られているため注意が必要です。しかし大手であればだいたどこでも受け付けていますから、それほど不便を感じることはないでしょう。

 

 

株に触れたことが無い人からすれば、株の取引きはなんとなく難しいイメージがあります。しかし、仕組みを知ってしまえばそれほど難しくはなく、初心者でも気軽に始めることが出来ます。「ミニ株」を利用すれば、あらかじめ大量の資金を用意しておく必要もありません。

 

SBIネオモバイル証券 口座開設