そもそも株って何?投資家が企業に出資してプラスになるメカニズム

そもそも株って何?投資家が企業に出資してプラスになるメカニズム

株とFXで生活を豊かに

 

効率的に資産を増やすため、株を始めてみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。上手く運用することができれば、大きく利益を産み出せるのが株の魅力です。

 

 

この記事では、株とは何なのか、またどのようにして資産を増やすのかメカニズムについてお話しします。

 

 

はじめに、株とは何なのかについてご説明します。株とは、正式には「株式」と言い、株式会社が資金を調達するために発行している証明書の事です。会社が事業を開始する際、大きな資金が必要になります。

 

 

そこで、株式会社は投資家たちから資金を募り、その代わりに株式という証明書を渡します。資金を提供した投資家は「株主」と呼ばれ、会社経営に携わるオーナーの1人となるのです。株主となることで、株主優待が受けられる等様々なメリットがあります。

 

 

では、この株を用いて、一体どのように利益を産み出すのでしょうか。主に2つの方法があります。株主となった場合、配当金をもらう権利が発生します。配当金とは、自信が出資した会社に利益が出た場合、その一部を株主に還元してくれることを言います。

 

 

会社が配当を実施している間は、継続して配当金を受け取ることが出来るため、株取引で利益を生み出すには配当金は欠かせないポイントです。

 

 

また、株主には株を売却する権利も与えられます。まだ株が安いときに買い、高くなってから売ることで、その差額分を利益として確保することが出来ます。

 

株とFXで生活を豊かに

 

これを「売却益」と言い、株で利益を産み出す最も一般的な方法です。しかし、株は必ず値上がりするとは限らず、株が大きく値下がりした場合は損害金が発生することも忘れてはいけません。

 

 

続いて株の買い方ですが、これは「証券取引所」と呼ばれる施設を通じて、他の投資家が売りに出している株を購入するのが一般的です。

 

 

とはいえ証券取引所に直接出向いて行ってもすぐに株が買えるわけではなく、実際に購入するためには証券会社の仲介が必要になります。

 

 

証券会社は株を売りたい人、買いたい人双方から注文を受け、証券取引所に取り次ぎます。「買い」に対して「売り」の注文があれば、売買成立となる仕組みです。

 

 

株取引は、誰でも簡単に始めることが出来ます。あらかじめ大量の資金を用意しなければいけないということもなく、1万円からの少額投資も可能です。

 

 

特に初心者の人はたとえまとまった資金が用意できたとしても、まずは少額投資から始めるのがおすすめです。ある程度経験を積み、株についての知識を深められてから、本格的な資産運用にシフトするのが良いでしょう。

 

松井証券